オフィス

子会社もまとめて納税

連結納税とは企業が属するグループをまとめて法人税を課税される仕組みのことです。損益通算して課税されるため、法人税の節税になったり、組織再編の手間が減ったりといったメリットがあります。手間が増えたり損になることもあったりといったデメリットもあるので、会社の状況を見て導入を考えるべきでしょう。

詳しく見る

女性

経理事務を効率化する

入金消し込みは、帳簿に記載された売掛金データと入金データを突合し、消し込む作業です。非常に手間がかかりますが、正確性が求められる重要な作業です。最近では自動的に突合作業を行えるシステムも開発されています。

詳しく見る

男性

グループ企業の節税対策

親会社と連結子会社が結合している企業グループでは、節税対策として連結納税を導入する場合があります。親会社がグループ全体の法人税納付を行うことで税コストを節約できますが、連結納税システム導入費用も必要です。連結納税システムの費用はグループ企業の規模によって異なるため、見積もり額の比較が欠かせません。

詳しく見る

オフィス

企業で必要となるシステム

企業間の取引では、掛けで売買することが多く、そこで発生するのが入金消し込みである。入金消し込みをシステム化することで、業務量を削減できたり、間違いを防止できる。それにより、業効率化や信頼性アップにつなげられる。

詳しく見る

男女

歴史のある納税手法です

グループ企業を課税上一体とみなす連結納税には、様々なメリットがあります。連結納税の大きなメリットは、グループ内の損益を通算して課税所得を算出する点にあります。その他に、繰越欠損金の繰越控除なども大きな特徴と言えます。

詳しく見る

ツールを活用することで

会議

オプションになっている

入金消し込みとは、未回収金を売掛金として計上したものを入金の確認が出来た時点で計上した売掛金をデータから消すことです。入金消し込みを自動的な行ってくれるシステムなどもあります。会計ソフトのオプションとして提供しているところなどもあります。自社に合わせた入金消し込みに対応していたり、正確な回収管理を実現したりしています。売掛債権の早期回収のサポートなども行ってくれます。入金消し込みオプションなどを活用することで、簡単に未収金の回収業務のスピードを飛躍的に向上させることも出来ます。最近では、こうしたサービスが多くなっていることからきちんと比較してから利用することが大事です。未収金を管理しておくということは、とても大事です。きちんと考慮することで会社にとっても大きなメリットがあります。ネット通販など多くの利用者がいる場合には全自動でサポートしてくれる仕組みは、とても大きな価値があります。こうしたサービスの中には、動画で効果を確認することが出来るものなどもあります。分かりやすいということから、利用する前にチェックしておくことで様々なことわ知ることが出来ます。費用などもきちんと考慮しながらどんなサービスを利用するのかを決めていくことが大事です。少しでもメリットのある仕組みを選択することで業務効率を向上させていくことも出来ます。信頼できるサービスを見つけるということであれば、サービスの実績を比較することが大事です。

Copyright© 2017 入金消し込みで便利なツール!【ビジネスの効率化】 All Rights Reserved.