グループ企業の節税対策

男性

導入コストと導入メリット

通常の企業は決算で利益が計上された場合にのみ法人税を納付する義務が生じますが、親会社と連結子会社が結合したグループ企業の場合は事情が複雑です。子会社間で赤字企業と黒字企業が混在する場合は、グループ全体で連結納税を適用した方が納税額を少なくすることができます。そのためには親会社が企業グループ全体の決算を行い、黒字の子会社と赤字の子会社の損益を通算する形での法人税申告が欠かせません。その目的で導入される連結納税システムにも一定の費用がかかりますので、トータルのコストを考慮した上で連結納税導入の是非を検討する必要が出てくるのです。連結納税システムは複数のITベンダーが製品化しており、それぞれに異なる料金体系が採用されています。連結納税システムの導入費用は企業グループの規模や連結のあり方などによっても変わってくるため、簡単には比較できないものです。提供するITベンダーごとに見積もりをしてもらい、試算された導入費用を比較検討することで初めて費用相場が見えてきます。連結納税システムだけを導入して実際の運用は自社で賄うことが可能であれば、税理士事務所等にコンサルティング業務までを依頼する場合より費用が圧縮されるものです。連結納税システムは親会社が連結計算を行うためのソフトウェアに加え、連結子会社が税務に関する情報を入力するためのソフトウェアから構成されています。それぞれに年額費用がかかるため子会社が多くなるほどシステム全体の費用も大きくなりますが、導入コストを試算して連結納税導入が有利かどうかを判定するサービスも存在します。連結納税システムや税理士事務所のコンサルティングサービスを利用する際には、実装する機能やサービス内容などの評判を事前に検索することが欠かせません。評判の良い連結納税システムや税理士事務所を選ぶことで自社の人件費も節約され、納税額を効率的に節約することができるのです。

Copyright© 2017 入金消し込みで便利なツール!【ビジネスの効率化】 All Rights Reserved.